ワキガ、口臭、加齢臭、多汗症など、気になる体臭の予防と対策を徹底解説!また体臭をセルフケアーで解決したい人向けに人気グッズを紹介。

ホーム 運営者情報 サイトマップ 特定商取引 お問い合せ
  トップページ >
ワキガ対策
ワキガという体臭の悩み
ワキガ症の診断と治療
ワキガ・多汗症の発生原因
多汗症
自分でできる体臭対策
すそワキガ・副乳多汗症
更年期に起こる多汗と体臭
ワキガ・多汗症手術Q&A
手術費用・保険適用について
ワキガ対策・予防グッズ

口臭対策
口臭について
口臭の分類
自臭症・他臭症
口臭の検査法
自分でできる口臭対策・予防
ダイエットによる口臭
口臭対策・予防グッズ

加齢臭対策
加齢臭について
おやじ臭の正体
加齢臭を増加させる要因
加齢臭対策「食事」
加齢臭とダイエット
加齢臭Q&A
加齢臭対策・予防グッズ

その他の体臭
頭臭
性器臭(陰部臭)
乳輪部のニオイ
足のニオイ
便臭

LINK
相互リンク募集
リンク集



ワキガ体質の比率が非常に少ない日本人

世界の各民族ごとのワキガ体質の比率は、一般的には黒人⇒100%、欧米人⇒70〜90%、日本人⇒10〜15%、中国人⇒3〜5%であると報告されています。

これは、動物性脂肪を多く摂取する食文化の国であるほど、ワキガ体質が多く見られるという結果をしめしています。

こうしてみると、日本人のワキガ体質に比率は少ないのですが、少ないがために逆にワキガであることが目立ってしまい、周りから、その臭いを発する人に対して特別な目でみられてしまうというようなことになってしまいます。

ところでワキガは別名「臭汗症」「腋臭症」とよばれる、特別強いニオイを出す症状です。しかしどこかが病んでいるという、いわゆる病気ではないことを付け加えておきます。



ワキガ体質であるという深刻な悩み

さまざまな体臭の中で、"恐怖"にもつながるのがこのワキガです。

それは、ワキガ臭が、"日常の生活の中で最も他人に迷惑をかけやすいニオイ"だからです。口臭は口を開かなければニオイを感じられませんし、足のニオイも靴をはいた状態では感知しにくいものです。ところが、ワキガは脇の下という、他人と接して生活する人間にとっては、鼻に近い部分からワキガ臭が発生し、他人に感じられやすいために、人に嫌われ原因となりやすいのです。

また、別の理由では、人種的に日本人にはワキガ体質の比率が少ないことが考えられます。ワキガが少ないからこそワキガ臭に敏感になり、日本では昔からワキガ体質の人に向けられる差別意識も根強いのです。極端な話、現在のようなワキガの治療法が確立する以前は、ワキガが理由で嫁が離婚させられたり、ワキガ体質であることを苦にして一生独身で通したというかわいそうな例も数多く見受けられたようです。

いずれにせよ、私たち日本人は他国の人に比べ、ワキガに対する嫌悪感や羞恥心は必要以上に強い国民であることに間違いはないでしょう。


自己臭妄想
自己臭妄想と思われる人の特徴は、実際には存在しないワキガ臭をはじめとする、「体臭」を媒介として、対人関係に悩んだり極端な恐怖心を覚えたりする傾向がみられます。

実際には体臭が存在しないのに 「自分は体臭があるに違いありません。それは、他人のしぐさや表情を見ればわかる... 周りの人が私を見て顔をしかめたり鼻をつまんだり、私が入ってくると、誰かが窓を開けたり出て行ったりすのです...」

このように、日常の偶然的な出来事を自分のニオイに結びつけてしまうような場合、これは、精神医学でいう「関係妄想」の一種ともいえます。

他人のしぐさを根拠なく自分に関係づけて考える関係妄想は、統合失調症や躁鬱病などの病気によく見られ、さらには重症神経症にも見受けられることがあります。 
自己臭妄想には様々なレベルがあるので、患者状態がどの程度のものであるかを判断することは、治療法を選択する上で非常に重要になってきます。たとえば、患者が重症の統合失調症であるならば、向精神薬の投与が必要になってきます。場合によっては精神科の病院に入院することも必要でしょう。

本人がワキガのニオイがするからといって、手術でアポクリン腺を取っても、自己臭妄想は治らないということです。このように重症の自己臭妄想に対しては、精神療法のみの対応では不十分な場合が多いため、治療としては、向精神薬の投与、また場合によっては、精神科の病院に入院した上での治療となります。


体臭と性的アピール
現代人は過度な清潔志向によって、過剰な"無臭志向"に走っているのかも知れません。

人間の嗅覚退化については、「人類の進化の過程で、人間が嗅覚の役割を減らし、視覚刺激の意味を重要視するようになった」というのが通説になっています。
それでは、現代人にとって、コミュニケーションの手段としての嗅覚の役割はまったくなくなってしまったのでしょうか。

男女間の性行為に関しても、自分が好意をもっている異性の放つ『体臭』が、性欲を高めることはみんな体験的に知っていることです。

またこういったデータがあります。ジャコウネコなどの放つジャコウ臭に対する人間の感受性は、女性のほうが男性よりも千倍も鋭いというものです。しかも、人間の尿の中にもジャコウ臭を発生する物質が存在し、この物質の分子構造は男性ホルモンのテストステロンに似ているとか。

そして、女性のジャコウ臭に対する感受性は、排卵期にもっとも高くなること、幼女や老女、排卵切除を受けた人では低いことがわかっています。
また、行動をともにすることの多い親友同士の月経周期は、徐々に同調していく傾向があり、男性に会う機会の多いグループの月経機関は短くなる傾向にあるとのことです。このことは、周期に影響を与えているものは、ニオイであろうということが推測されます。

"体臭というものは、人から嫌われるだけの何の意味もないものだ"と考えるのは、人間の勝手な思い込みで、じつは体臭というものは、人間にとっては根源的なコミュニケーションの手段であるのではないでしょうか?


Copyright All Rights Reserved by 体臭の悩み解決クリニック